FC2ブログ
人気ブログランキングへ

井戸の怖い話 化け熊の日々ニュースとオカルト雑記

心霊・オカルト・歴史・民族学・PCゲームが大好きな化け熊の 日々の報告

ホーム > スポンサー広告 > 井戸の怖い話ホーム > 心霊 > 井戸の怖い話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

井戸の怖い話

 最近友人が、実家の手入れをしていて庭石を移動させた時、石の下に井戸があることを発見したそうだ。古井戸をいじるのは、最近のホラー映画等の影響からか抵抗があるし、曽祖父からの言い伝えで、井戸に手を出すと家が滅びると伝わっているそうだ。友人の話しでは、貞子がでそうだから埋めたいとの事。言い伝えよりも重要なのかと、軽いショックを受けた。

 私の母の実家にも古井戸がある。祖父が生前、古井戸を埋めようと基礎工事の発注をした後、心臓の病気になりしばらくして亡くなった。それ以降井戸はそのままになっている。

 井戸は祟るのかで調べると、三代後祟るとか、七代後祟るとかでてくる。物に神がやどる付喪神という考え方や、水脈(竜脈)をいじる風水の考え方、産水のご恩と呼ばれる慣習、まさに数知れず。

 古来から、慣習、言伝、迷信、数多く伝えられているけれども、理由が伝わっていない。古人の当時の常識は常識故に書かれる事は無く、もどかしく世迷いごとが蔓延する原因となっている。

 友人には、一般的に仏家の供養か、神道の御祓いをすすめておいた。何か起きても困るでしょと言っておいた。

 個人的には、風水説が頭では理解し易いし、納得できる理屈が多いのですが、身近な体験談を説明する事はできない。あまりにも、井戸を基点とする不合理な話が多すぎるのです。恩師である大学教授も、「科学的に説明はするが、私自身納得はしていない」と言っておられたことを思い出す。



↓応援お願いします。
人気ブログランキングへtrack feed
スポンサーサイト
[ 2009/02/18 09:17 ] 心霊 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

bakeguma

Author:bakeguma
(´(ェ)`)バケ熊ブログ(´(ェ)`)
にようこそ!
管理人の体験や、学生の頃から収集した怖い話や、ネタなどをグダグダ更新していきます。

スペシャルサイト様(相互リンク)
路地裏 オカルト情報館
月別アーカイブ
怖い話投稿掲示板
以下の掲示板より投稿してください
ブロとも申請フォーム
HD動画対応!Youtubeダウンローダー



  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。