FC2ブログ
人気ブログランキングへ

食い尽すもの 化け熊の日々ニュースとオカルト雑記

心霊・オカルト・歴史・民族学・PCゲームが大好きな化け熊の 日々の報告

ホーム > スポンサー広告 > 食い尽すものホーム > 心霊スポット > 食い尽すもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

食い尽すもの

 最近、昔の仕事の事を思い出すことがよくある。昔私は、東北、北海道をのぞいて全国を飛び回っていた。ハードな仕事で、報酬は良くなかったが、知らない土地に行けるので楽しかった。これは、そんな時体験した話。

 私のお客さんの中に、普段人柄はいいのだが、入信している宗教のことになると、狂った様に激昂して無差別に暴れだす女性がいた。(Aさんと仮名)怒りの対象になった方は家まで乗り込んでこられ、Aさんに家のものまで破壊されたりして、警察がよく呼ばれていた。
 私が訪問時、Aさんは近所の老婦人に何か怒鳴り散らしていた。「やくたたず」とか「冥土へいけ」とか「死」という単語だけがかろうじて聞き取れた。私が近づくと、Aさんはばつが悪くなったのか、プイっとどこかへ行ってしまった。私は
         涙を流して立ち尽くしている、老婦人に「大丈夫ですか?」と声をかけるた。老婦人は会釈をして、自宅へ戻ろうとするが足どりがおぼつかない。私は彼女を支え、家の中へ入った。恐縮する老婦人に、図々しくお茶を呼ばれた私は事情を聞いた。驚いた事にAさんはこの老婦人の、息子さんの嫁との事。いまでは息子さんも亡くなり、Aさんと孫と暮らしているのだとか。(世帯は別)
 「Aさん、どうされたのですか?」と私が話をふると、老婦人はぽつぽつと話しだした。どうやら、Aさんは某宗教に入信していて、家財、土地家屋を寄進するように迫っていたのだという。
 「どうしよもないけど、死ぬまではここにすみたいんよ。」帰り際に、飼い犬を抱きながらポツリと言ったのが印象に残った。

 何ヶ月か過ぎた後、築の同僚から、あの老婦人が亡くなったことを知らされた。その同僚は、声を潜めて、「どうも、あの娘さんと宗教関係者から、かなり責め立てられていたらしいんだ。仏壇と位牌は壊されるは、飼ってた犬もバラバラに殺されてたりして、最後の方は、集団ストーカーみたいな感じだったってさ」 私は老婦人の帰り際の一言が、思い出されて不憫でならなっかった。

 しばらくして、私はその地区の担当からはずれ、九州の方へいっていた。そしてある日、前の地区の同僚から電話があった。
 「おい、前話したAさんおぼえてるか?」
 「おお、覚えてるよ。」
 「あそこの娘さん(Aさんの娘)バラバラ死体で海から上がったらしいぞ」
 「えっ・・・・」
 「それで、Aさん狂っちまってなぁ。宗教関係の施設に収容されたんだ。土地・家屋も全部その宗教の関係者  が処分したってよ。家財道具も一切合切持っていて、金融業者も手出しできなかったくらい徹底してたってよ。」
 
  

  同僚からの電話を切った後、私はAさん家族を襲った不幸の遠因に気づいて、背筋が凍った。


↓背筋が凍ったらクリックお願いします

 
 

 


スポンサーサイト
[ 2009/01/16 12:45 ] 心霊スポット | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

bakeguma

Author:bakeguma
(´(ェ)`)バケ熊ブログ(´(ェ)`)
にようこそ!
管理人の体験や、学生の頃から収集した怖い話や、ネタなどをグダグダ更新していきます。

スペシャルサイト様(相互リンク)
路地裏 オカルト情報館
月別アーカイブ
怖い話投稿掲示板
以下の掲示板より投稿してください
ブロとも申請フォーム
HD動画対応!Youtubeダウンローダー



  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。